30代になって急に体臭が臭くなったことのなぜ

これはまるっきり私の個人的な経験なのですが、30代後半になった途端に脇汗の匂いが気になるようになったんです。

 

089986

 

それまでの10代・20代はいくら汗をかいても匂いがすることは全くありませんでした。

むしろ、汗は少ししょっぱいから、自分で塩分を還元するためによくなめていたくらい何の抵抗もありませんでした。

これまでと全く同じ食事・生活スタイルでいたのに、どうして急に脇汗の匂いがするようになったのか本当に不思議でした。

調べた所、30代から見られるこうした現象の源は『ミドル臭』と名付けられているようです。

これは、元はといえば、製品開発途上にあの男性化粧品会社のマンダムが発見して命名しました。

調査結果によると、男性は40代までに自分の身体の匂いが変わったと意識します。

で、こうした独特の匂いは周りの人にも嫌な不快感を与えることがわかってきました。

このミドル脂臭の原因は二つの物質が関係しています。

一つは同じくマンダムの会社が発見したジアセチルです。

これは汗に含まれている乳酸を常在菌が分解して発生するもので、使い終わった油のような香りが特長です。

もう一つはペラルゴン酸です。

皮脂腺から排出された皮脂が処理されずしばらく経つと酸化していき、その一部がペラルゴン酸に変わります。

結果、この物質もジアセチルと同じような使いふるしのムワッとした油のような匂いがするのです。

こうしたことが重なって、30代の男性には突如として独特の嫌な匂いが出ていたということでした。

コメントを残す