嫌な匂いがつく原因や理由・対策は何?

体臭の原因は主に3つに分かれると言われています。

その中の代表的なものの一つがワキガ、腋臭症と呼ばれるものですが、

では、これはなぜ起こるのでしょうか?

089986

アポクリン腺とエクリン腺がポイント

 

人間には汗を出す部位としてアポクリン腺とエクリン腺というものが備わっています。

エクリン腺は身体全身にあるもので、そこから出る汗の成分の大半は水のみです。

たった1%とほどアンモニア・尿素・塩分が含まれるに過ぎないので匂いとしては全く不快感をもたらしません。

問題はもう一方のアポクリン腺です。

こちらは限定された箇所にのみ存在する汗を出す部位。

わき・陰部・外耳道・肛門・乳輪にしかない汗線になり、出すものもアポリクリン腺とは対照的です。

タンパク質・脂質・糖質・鉄分・アンモニアなどが排出され、薄い白色で粘土があるのが特長的。

これらが外部に吐き出され、常在菌によって分解された結果、あの鼻をつんざくような独特なにおいがうまれてくるというわけです。

なので、ワキガをどうしても治したい場合には、このアポクリン腺をどうにかしなければならないことがわかるとと思います。

実はワキガである人だけでなく、誰にでもこのアポクリン腺というものはありますが、数の多さとサイズによってワキガになるかが決まります。

一般的に言って匂いが臭い人にはアポクリン線が多く存在していて、汗腺の穴サイズも大きいことがわかっています。

そしてこの数は生来に決められたもので、サイズは思春期頃に大きくなるので、早い人で10代からワキガの症状に悩まされる人が出てきます。

最近では早熟傾向にあるのか、子供の時から匂いが目立ち、親御さんがとても心配されるケースがあったりしますが、専門クリニックに行けば必ず改善はできますので、そんなに深刻な問題ではありませんので、どうぞ安心してください。

 

いずれにしても、嫌な匂いを防ぐ良い対策は一体どういうものでしょうか?

一つは質の良いせっけんを使い匂いの元となる原因をシャットアウトすることです。

 

たとえばルアンルアンの生せっけんは成分がすべて天然でありながら匂いの菌をすべてとることができます。

コメントを残す