ワキガが本当に治る3つの方法とは?

ワキガを改善させる主な方法は3つあると言われています。

それは手術・注射・クリームによる方法ですが、ここでは手術について簡単に説明してまいりましょう。

 

089986

 

手術

 

専門クリニックに行き、ワキガの原因であるアポクリン腺の数を減らすか、または除去することによってワキガを治すことができます。

その一つに『直視下手術法』と呼ばれる方法がありますが、これは脇の下の部分を切開して裏返し、粒上にたくさんあるアポクリン腺をドクターが一つ一つ目視で取り除いていく方法になります。

そうすれば、確実にアポクリン腺の数を減らして匂いの元を断ち切ることできるというメリットがありますが、傷痕ができるというデメリットも持ち合わせています。

また日帰り手術になりますが、傷口が治るまではガーゼで固定する必要があります。

費用も高めて大体30万~50万円かかります。

傷痕をできるだけ残さないように開発された方法もいくつかあります。

いわゆる先ほどとは対照的な『非直視下手術法』となりますが、その一つに皮下組織吸引法というものがあります。

これはワキの下に1センチ程度の穴を開けて、そこからカニューレと呼ばれる細い管を通し、アポクリン腺やエクリン腺をかき出して吸引する方法です。

直視下手術法とは異なり、小さい穴を開けるだけなので傷口はほとんど目立ちませんし、更に広いエリアのアポクリン腺を除去できるというメリットがあります。

ただ、ブラインド的な、つまり目では見えない作業が特長であるがゆえにアポクリン腺が残ってしまう可能性もなくはなく、根っこの部分がのこされてしまうと再びワキガの症状が再発する可能性もあります。

金額は直視下手術法の半額程度で済むのは嬉しいですね。

コメントを残す