嫌な匂いがつく原因や理由・対策は何?

体臭の原因は主に3つに分かれると言われています。

その中の代表的なものの一つがワキガ、腋臭症と呼ばれるものですが、

では、これはなぜ起こるのでしょうか?

089986

アポクリン腺とエクリン腺がポイント

 

人間には汗を出す部位としてアポクリン腺とエクリン腺というものが備わっています。

エクリン腺は身体全身にあるもので、そこから出る汗の成分の大半は水のみです。

たった1%とほどアンモニア・尿素・塩分が含まれるに過ぎないので匂いとしては全く不快感をもたらしません。

問題はもう一方のアポクリン腺です。

こちらは限定された箇所にのみ存在する汗を出す部位。

わき・陰部・外耳道・肛門・乳輪にしかない汗線になり、出すものもアポリクリン腺とは対照的です。

タンパク質・脂質・糖質・鉄分・アンモニアなどが排出され、薄い白色で粘土があるのが特長的。

これらが外部に吐き出され、常在菌によって分解された結果、あの鼻をつんざくような独特なにおいがうまれてくるというわけです。

なので、ワキガをどうしても治したい場合には、このアポクリン腺をどうにかしなければならないことがわかるとと思います。

実はワキガである人だけでなく、誰にでもこのアポクリン腺というものはありますが、数の多さとサイズによってワキガになるかが決まります。

一般的に言って匂いが臭い人にはアポクリン線が多く存在していて、汗腺の穴サイズも大きいことがわかっています。

そしてこの数は生来に決められたもので、サイズは思春期頃に大きくなるので、早い人で10代からワキガの症状に悩まされる人が出てきます。

最近では早熟傾向にあるのか、子供の時から匂いが目立ち、親御さんがとても心配されるケースがあったりしますが、専門クリニックに行けば必ず改善はできますので、そんなに深刻な問題ではありませんので、どうぞ安心してください。

 

いずれにしても、嫌な匂いを防ぐ良い対策は一体どういうものでしょうか?

一つは質の良いせっけんを使い匂いの元となる原因をシャットアウトすることです。

 

たとえばルアンルアンの生せっけんは成分がすべて天然でありながら匂いの菌をすべてとることができます。

ワキガが本当に治る3つの方法とは?

ワキガを改善させる主な方法は3つあると言われています。

それは手術・注射・クリームによる方法ですが、ここでは手術について簡単に説明してまいりましょう。

 

089986

 

手術

 

専門クリニックに行き、ワキガの原因であるアポクリン腺の数を減らすか、または除去することによってワキガを治すことができます。

その一つに『直視下手術法』と呼ばれる方法がありますが、これは脇の下の部分を切開して裏返し、粒上にたくさんあるアポクリン腺をドクターが一つ一つ目視で取り除いていく方法になります。

そうすれば、確実にアポクリン腺の数を減らして匂いの元を断ち切ることできるというメリットがありますが、傷痕ができるというデメリットも持ち合わせています。

また日帰り手術になりますが、傷口が治るまではガーゼで固定する必要があります。

費用も高めて大体30万~50万円かかります。

傷痕をできるだけ残さないように開発された方法もいくつかあります。

いわゆる先ほどとは対照的な『非直視下手術法』となりますが、その一つに皮下組織吸引法というものがあります。

これはワキの下に1センチ程度の穴を開けて、そこからカニューレと呼ばれる細い管を通し、アポクリン腺やエクリン腺をかき出して吸引する方法です。

直視下手術法とは異なり、小さい穴を開けるだけなので傷口はほとんど目立ちませんし、更に広いエリアのアポクリン腺を除去できるというメリットがあります。

ただ、ブラインド的な、つまり目では見えない作業が特長であるがゆえにアポクリン腺が残ってしまう可能性もなくはなく、根っこの部分がのこされてしまうと再びワキガの症状が再発する可能性もあります。

金額は直視下手術法の半額程度で済むのは嬉しいですね。

ワキガ治療手術の3つのデメリット

089986

 

死亡例も…

しょっぱなから一番ひどいデメリットですが(苦笑)、死亡するケースもなくはありません。

というのは、外科的行為であるゆえに、どうしても麻酔をかける必要があります。

その時に、患者の体質によってはショック死してしまうというわけです。

日本ではまぁそんなに乱暴な取り扱いはしないはずですが、アメリカなどでは植毛や整形手術の際にも多量の麻酔注入によるショック死例が幾つか実際に起きています。

なので、これまで歯医者などでも麻酔を経験したことがなく、今回が初めてという人は前もって麻酔に絶えられるかチェックしておいたほうがいいでしょう。

またワキという部位そのものが特殊で敏感な部分ですから、炎症して腫れが酷く、感染症になってしまった人も少なからずいらっしゃいます。

このように、手術は外科的な要素が強い分、身体に及ぼすダメージも直結することがよくわかると思います。

 

値段が高い

 

どの手術方法を選んでも費用は安くはありません。

剪除法を選択すれば、30万~50万。

皮下組織吸引法であれば、最安でも15万円以上。

超音波吸引治療法であれば18万~30万円。

皮下組織削除法では20~40万円。

ざっとこんな予算がかかります。

なので、10代の方が選択するとなれば、かなり経済的な負担になるのは間違いありません。

 

傷痕が残る可能性も

 

有名なクリニックでも100%無傷で手術を行えるところはありません。

あるクリニックの統計では、全く傷が残らず、色合いも全く気にならない方は約半分だそうです。

ということは、残りの半分の人には程度の差はあれ、必ず何らかの傷が残りやすいということです。

よく見ればわかる程度の傷が約3割で、さらに切開したときの傷が一部のこっていたり皮膚の変色を気にされる人が1割程度いるとのことでした。

ですから、匂いは確実に取れる手術ですが、こうした傷のことを考えたときに、それでも匂いを取りたいと感じれる人が手術に踏み切るべきだと思います。

いろいろデメリットがありますので、よくお考えの上、決定されてくださいね。

30代になって急に体臭が臭くなったことのなぜ

これはまるっきり私の個人的な経験なのですが、30代後半になった途端に脇汗の匂いが気になるようになったんです。

 

089986

 

それまでの10代・20代はいくら汗をかいても匂いがすることは全くありませんでした。

むしろ、汗は少ししょっぱいから、自分で塩分を還元するためによくなめていたくらい何の抵抗もありませんでした。

これまでと全く同じ食事・生活スタイルでいたのに、どうして急に脇汗の匂いがするようになったのか本当に不思議でした。

調べた所、30代から見られるこうした現象の源は『ミドル臭』と名付けられているようです。

これは、元はといえば、製品開発途上にあの男性化粧品会社のマンダムが発見して命名しました。

調査結果によると、男性は40代までに自分の身体の匂いが変わったと意識します。

で、こうした独特の匂いは周りの人にも嫌な不快感を与えることがわかってきました。

このミドル脂臭の原因は二つの物質が関係しています。

一つは同じくマンダムの会社が発見したジアセチルです。

これは汗に含まれている乳酸を常在菌が分解して発生するもので、使い終わった油のような香りが特長です。

もう一つはペラルゴン酸です。

皮脂腺から排出された皮脂が処理されずしばらく経つと酸化していき、その一部がペラルゴン酸に変わります。

結果、この物質もジアセチルと同じような使いふるしのムワッとした油のような匂いがするのです。

こうしたことが重なって、30代の男性には突如として独特の嫌な匂いが出ていたということでした。

ワキガを一番簡単に治す方法はズバリこれ!

簡単にワキガを治せたらどんなにいいだろう…
って考えられる人はかなり多いと思います。

 

089986

 

こちらでは『簡単』の意味を二つの意味で捉えて実際的な方法をご紹介します。

一つは、手入れもせず簡単にワキガを永久的になくしてしまう方法ですが、

それは手術です。

 

ワキガの主な原因は簡単に言えば、アポクリン腺が嫌な匂いを出す成分をたくさん体外に排出するからです。

その元凶となるアポクリン腺を手術で取り除いてしまえば、問題はすべてなくなります。

具体的にはメスで切開して5~10センチ程度広げて皮膚をめくり、ワキの下に粒上で存在しているアポクリン腺を一つ一つ除去していきます。

この方法で日帰り手術をするだけで一生ワキガの悩みとはおさらばすることができるのです。

ただ、もちろん切開することになるので傷痕は大小残ることになるので、それなりのデメリットもあるのは確かです。

ですが、その後は何も自分で気を使わなくてもワキガの悩みから開放されるわけですから、その意味で一番簡単な解決法と言えるでしょう。

 

もう一つ簡単な方法としてはワキガ専用のクリームやジェルでお手入れをする方法です。

 

心理的に受け入れやすく、すぐに行えるという意味で一番簡単な方法と言えるでしょう。

アポクリン腺が存在したままで、どうわきが臭をクリームで取り除けるでしょうか?

それは殺菌・汗や皮脂の抑制・保湿の三段構えで匂いをブロックします。

今は1回塗るだけでそれらをすぐ達成して半日は効果を持たせてくれますので、簡単にワキガ問題を忘れることができます。
ただ、心理的には簡単でも治療ではないので、ずっと続けていかなくてはいけないという運命にあります。
それぞれメリット・デメリットがありますので、よく検討してくださいね。